プリント家庭用脱毛器ケノンでvio脱毛をしたいという人は多いようですね。

メーカーからは推奨されていないようですが、実際に行っている人は多くいます。

ケノンはフラッシュ脱毛なので、レーザー脱毛と違って痛みが少ないのが魅力です。

特にvioは痛みが気になるので、それは嬉しいポイントですよね。

とはいえ、vioをケノンで脱毛するには、注意点があるようです。

 

1、Iラインを脱毛する前に、毛を短くカットする

毛が長い状態でケノンで照射しても、毛が邪魔して効果が毛根に届きにくくなるので、面倒でもこの処理は怠らないようにしましょう。

 

2、脱毛前にお風呂に入るなど清潔にする

バイキンが入ったりトラブルを防ぐために大事なことです。

 

3、施術前にvioラインはしっかり冷やす

キンキンに冷えた保冷剤などで他のパーツ以上に長い時間冷やして下さい。

vioを冷やすのは以外と大変なのですがそこは我慢です。

しっかりと行なえば、痛みはそんなに感じません。

 

4、絶対に!高レベルでは照射しないこと

レベル1を照射してみて、痛みを確認してからレベルを1づつ上げていきましょう。

iラインの脱毛にはレベル1~レベル4位で十分効果を発揮してくれます。

 

5、粘膜への照射はNG

粘膜は皮膚が薄い場所で、肌トラブルの原因になるのでサロンなどでも照射しません。

危険性が高いので自分でする場合も粘膜は避けて施術しましょう。

 

 

vio脱毛は、脱毛箇所がデリケートなことや、施術するのが難しい事から、サロンやクリニックで施術してもらうのが理想です。

ただ、vioラインは他のパーツよりも価格が高いので、経済的に利用できない方もいます。

なにより、恥ずかしくてためらってしまいますよね。

そんな方ほどケノンは向いていると思います。

人知れずこっそりvio脱毛をして、ムダ毛処理のわずらわしさから解放されましょう♪

 

自宅で本宅脱毛と美顔が格安1台で!「ケノン」