a0002_008681_m脱毛ワックスシートで有名なのが、ヴィートの「脱毛ワックスシート」だと思います。

脱毛ワックスシートは使い方が簡単でしかも安いので、初心者の方でも手が出しやすいのが魅力です。

だけど、正しい使い方をしないと、肌荒れを起こしてしまいます。

使い方のコツをおさえて、キレイな肌を手に入れましょう。

1 ある程度の毛の長さが必要
最低限5mm程度の長さがないと、シートが密着できずキレイに抜けません。

 

2 脱毛個所を清潔にする
肌が汚れた状態で使用すると、ワックスシートで抜いた毛穴から雑菌が入り炎症を引き起こす可能性があります。
使用するのは入浴後がベストです。

 

3 脱毛する部分の毛を開く
毛穴が開いた状態の方が抜けやすく痛みが少ないです。
入浴後や、蒸しタオルで温めてから脱毛すると良いでしょう。

 

4 空気が入らないようにテープを貼る
テープを貼る際は空気が入らないように毛や皮膚と密着するように貼って下さい。
貼った後は早めにはがすようにしましょう。
時間が経つと肌の温度で粘着力が弱くなりキレイに抜けない可能性があります。

 

5 残った毛は毛抜きで処理
ワックスシートで処理しても、多少は毛が残る可能性があります。
その時は、またシートを貼るのではなく、毛抜きで処理する方が肌へのダメージは少ないです。

 

6 処理後はしっかりアフターケア
脱毛テープ使用後は、しっかり保湿して肌を保護してあげましょう。
その後、開いた毛を閉じるため、冷たいタオルで冷やすと更に効果的です。
せっかくキレイになる為の脱毛なので、肌荒れを起こさないよう正しい方法で処理してあげて下さい。