菜の花
春野菜といえば、ふきのとう、菜の花、タケノコ、春キャベツなどほんの短期間にしか味わう事が出来ない食材がいっぱいありますよね。

そして、ちょっと苦味のある食材が多いと思いませんか?

実は、春野菜特有の苦味は、野菜が昆虫などから身を守るために持つ自己防衛の手段だそうです。

そんな春野菜の特徴を調べてみました。

 

■春野菜は、成長のための栄養が凝縮されているため、栄養価が高い。

■苦味のある野菜類は、ビタミンCも豊富に含まれているという傾向があり、日差し対策、季節の変わり目の風邪予防などにもつながる。

■苦味には新陳代謝を促してくれる効果もあり、さらに活性酸素を除去し
老化を遅らせる働きがある。

 

春に出回るから何となく食べていた野菜達にそんな効果があったなんて!

春野菜を食べるとうい習慣には、昔ながらの知恵が込められているようですね~
旬は、私たちの体に必要な物を季節ごとに与えてくれます。

正直いつ食べても美味しいんですが、旬な時期は特に美味しいと感じませんか?

それは、旬の食材は栄養分や効能などその時期の体が欲する食材だからだそうです。

だからこそ、美味しいと感じるそうですよ。

 

そして、旬の食材は日本の美しい四季を感じさせてくれます。

せっかく四季のある”日本”に生まれてきたんですから、食の部分でも四季や旬を思う存分楽しみたいものですね♪